ダウンロード用資料のプロパティを修正する

  その他

パワーポイントやワード、PDFファイルの取り扱いについて、基本的な知識としてい知っておいていただきたいことがあります。

1)相手に丸見えになってしまう
 資料は元の資料を修正して作成することが多いものです。ところが、プロパティ-を変更せずに作成してしまうため、他社の資料を上書きした、外注に作らせた、など、思いも知らない情報を出してしまっていることが少なくありません。

2)資料を作成する際にはプロパティーを修正する
 PowerPointの場合「ファイル」→「情報」でプロパティが見れます。ここで【タイトル】と【作成者】を必ず確認してください。ビジネス用途ですので、作成者は担当者名ではなく法人名が良いと考えます。

3)そのままPDFにしてしまうとWEB上でおかしな表記に
 PDFファイルをGoogleChromeなどのブラウザで開くと、上記のタイトルがそのまま表記されてしまいます。PowerPointプレゼンテーションというファイル名を見たことがある方もいると思います。

情報漏洩とまでいかなくて、脇の甘さ、文書管理の未熟さを露呈することになりかねませんので、是非ご注意いただければ幸いです。
※ご存知ない方が多いため、代理店募集ドットコムの掲載企業様のために毎回プロパティーをチェック・修正させていただいておりますのでご安心ください